DJI OSMO ファームウェアアップデート方法

ジンバルカメラ
Pocket
LINEで送る

DJI OSMOのファームウェアアップデート方法を解説します。

アップデートによって何が変わるのかはこちら

OSMOには2種類のファームウェアアップデート方法があります。
 
[注意点・基本]
– バッテリー残量が最低50%以上の状態で行う(フル充電を推奨)。
100 MB 以上の空容量があるmicroSDを挿入した状態で行う。
– 3箇所のジンバルロックを解除した状態で行う。
– デバイスのOSを最新の状態で行う。
– DJI GOのアップデートは事前に行っておく。
 
以上に注意して、やってみましょう!
 
 
 
 


 

A.DJI GO アプリ を使ったアップデート

 

1. フル充電したバッテリーをOsmoにセットし電源をONにします。

※バッテリーが半分程度でも、バッテリー電圧が十分ではないことがアップデートエラーや故障の原因となることがあります。
 
 

2. デバイスをOsmoのネットワークにWIFI接続しDJI GOを起動します。

※デバイスでWiFi接続から、OSMO_XXXXXX にアクセスします。
※デフォルトのパスワードは「12341234」です。

IMG_4214

 

3. 以下の表示が出たら「今すぐ更新してください」の辺りをタップして、デバイスに最新ファームウェアをダウンロードします。

※Wifiデバイスを利用している方は一旦Wifiをインターネットに接続しなおす必要があります。

IMG_4221

 

4. ダウンロードが完了したらアップデートを開始します。

IMG_4225

 

5. アップデートが完了したらOsmoを再起動して完了です。

IMG_0020



 

B. microSD を使ったアップデート

 

1. こちらからお使いの機種の最新ファームウェアのZipファイルをダウンロードします。

 

 

2. ダウンロードしたZipファイルを解凍し、中に入っているbinファイルをmicroSDの一番上の階層に入れます。

 

 

3. microSDをカメラ部分に挿入し、機体の電源をONにすると自動的にアップデートが始まります。(ハンドル左側のLEDが緑と赤の点滅になります)

 

 

4. アップデートが完了するとLEDが緑点灯に変わります。(赤点灯に変わった場合はアップデートが失敗していますので、再度アップデートをお試しください)

 

5. Osmoを再起動して完了です。

 
※アップデートが完了しているか確認する場合は、DJI GOのカメラビューから、設定 > 一般 > About から現在のファームウェアのバージョンを確認することができます。

Pocket
LINEで送る