DJI測量ドローンPhantom4RTKなどRTK方式の課題を解決する位置情報補正ソフト!

データ活用ソフトウェア
Pocket
LINEで送る

測量ドローンにおけるネットワークRTK方式の運用上の課題とは?

皆さま、こんにちは。SkyLink Japanです。
UAVシェアトップのDJI社製 Phantom4 RTK、ならびにMatrice210 V2 RTKは、パッケージ統合された測量ドローンとして広く認知されています。ただ、こういった測量ドローンをネットワークRTK方式で活用されているユーザー様や、ご検討中のお客様で以下の課題で困られたことはないでしょうか。

(課題1)UAVを用い高低差のある地域で高精度な測位情報を得る場合、携帯通信網が不安定で正確な位置情報が獲得できない

(課題2)位置補正データを取得するために仮想基準点(VRS)配信業者との契約が必要で、使用料も安くない。

通信網が不安定な山林地域などでも後処理により精度の高いデータ取得が可能

既に上記のDJI測量ドローンを導入されておられるユーザ様は、上記の課題については、ご紹介する後処理ソフトを活用頂くことで解決が可能です。

位置情報補正ソフト「KLAU PPK-J Desktop for DJI RTK」は、Phantom4 RTK や、Matrice 210 V2 RTK に対応した後処理(PPK:Post Processing Kinematic)専用ソフトです。このソフトにより、現地での基地局との通信を必要とせずに高精度かつ信頼性の高い結果を得ることができるようになります。

RTK(Real Time Kinematic)は無人機と基地局の間の連続通信を必要とし、飛行範囲とデータ品質を制限してしまいます。そのため、山林など携帯通信網の電波が届きにくい地域では、現地に到着したもののデータを取得することができなかったという場合も想定されます。

他方、PPKは基地局とのリアルタイム接続を必要とせず、現地で取得したデータを持ち帰り、PC上で補正データをダウンロードすることで、効率性、信頼性および精度が向上します。さらに、現地での作業工程が大幅に削減され、生産性向上にも寄与します。

また、本ソフトはVRS配信業者のデータダウンロードサービスが1年分無償付帯し、ボタンひとつで補正データを取り込め、ユーザにとっても優しい仕様となっています。

KLAU PPK-J Desktop for DJI RTK

今なら、位置情報補正ソフト「KLAU PPK-J Desktop for DJI RTK」試用版が期間限定無料ダウンロード可能です。試用期間中は無制限でご利用頂けます。まずはそのソフトウェアでの精度、使いやすさを体験してください。

ブランドサイトへリンクします

UAVによる測量ソリューションのご紹介

KLAU PPK セット

Phantom 4 など汎用UAV に KLAU PPK UNITを搭載することで、高精度な写真測量を行うことが可能
●様々なドローン・カメラに取付可能
●XYZ座標=誤差±3cm
●補正情報自動ダウンロード 測地系変換
●標定点レス
https://shop.skylinkjapan.com/products/list?category_id=213

KLAU PPK ソフトウェア

DJI P4RTK、M210V2RTK 対応
●GCPなしXY座標誤差5cm、Z座標誤差 10cm以内
●GNSS配信業者との個別契約不要
●補正情報を自動ダウンロード
●測量や3Dモデル作成時の位置補正作業を大幅削減
https://shop.skylinkjapan.com/products/list?category_id=160

期間限定でキャンペーンも実施しています。詳しくはSkyLink Japan までお問合せください。

■お問合せ先
SkyLink Japan/株式会社WorldLink & Company
Mail: info@skylinkjapan.com
Tel: 075-708-2245 法人様専用お問合せ窓口(10:00-17:30 平日)
Pocket
LINEで送る