米軍にも認められたドローン専用ケースの実態!

米軍にも認められたドローン専用ケースの実態! ドローン関連
Pocket
LINEで送る

こんにちは。SkyLink Japan営業部の永岡です。

あっという間に2020年も残り1ヶ月。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は我々SkyLink Japanスタッフが全力でおすすめする、ドローン用のクールなケースを紹介させて頂きます。

おすすめするのは「Go Professional Cases」略して「GPC」というアメリカブランドのケース。ツウな方は一度でも耳にしたことがあるかも?

ブランドについて

GPCは主にDJIを始めとしたドローン専用のケースを製作しています。その他オーダーメイドケースも作成しているユニークなメーカーです。

GPCの最大の特徴といえば、高精度のウォータージェットカットによる内部フォームの形成技術
精密にカットされたフォームには各機種が完璧にフィットし、その他バッテリーなどのアクセサリー類も十分収納できるよう、スペースを余すこと無く緻密に計算された設計となっています。

もう1点は、かなり頑丈な造りということ。
米軍採用品の選定に用いられる米国MIL規格『MIL-STD-810F』という規格に準拠しており、アメリカのメーカーならではといったところでしょうか。
つまり、米国の軍事品レベルの耐久性を誇るケースなのです。

製品バリエーション

最もポピュラーなものがハードケース。その他バックパック型や手提げ型も展開。
DJI製ドローンにおいては一般向けから産業用ドローンまで、ほぼすべての製品に向けたラインナップがあります。

GPC製品の特徴

①軍事レベルの耐久性

冒頭でもご紹介した通り、アメリカの米軍採用品並の耐久性を誇ります。

②防水・防塵

ドローンは防水ではないものがほとんど。これは有り難い性能です。浮遊性があるケースは、水上での持ち運びも難なくこなすことができます。雪山や砂地でもしっかり保護してくれますよ。

③精密なウォータージェットカット

高精度のウォータージェットカットにより、細部まで非常に綺麗な断面。外部からの衝撃をしっかり吸収し、スポンジ系のフォームにありがちな摩擦による擦り減りも最小限に抑えます。

④持ちやすい滑り止めグリップ

持ち手は滑り止め仕様で痛くなりづらく、グリップ感にもこだわった設計。

⑤洗練されたデザイン

性能だけではなく見た目にもこだわり、シンプルなマット系のブラック。他とは差がつく高級感が得られます。

⑥空気圧調整バルブ

気圧の低い山頂などでケースが膨張しないよう、空気の循環口を設けています。素手で回せるネジ式です。

⑦鍵を後付け可能

安全性を考え、ロック用の穴が2箇所設けられています。

⑧フォーム内部のロゴ

ブラックのケースにブルーのコントラスが映え、蓋を開けると綺麗にカッティングされたGPCロゴが顔をのぞかせます。

収納力

機能性も重視しているGPCケースは、ドローンのフライトに必要な内容物が一式入るように設計されています。下図のDJI Mini 2 専用ハードケースには、フライモアコンボの内容物をすべて収めることができます。

アクセントのブルーカラーのフォームにぴったりと機材が収まり、見た目も素敵ですね。

最後に

GPCケースの魅力、伝わりましたでしょうか?

Mavicシリーズなどに標準でついているソフトケースも身軽で良いのですが、やはり耐久性といった面では心配ですよね。

特にお仕事に持って行く場合、付属のソフトケースで撮影に来られるのと頑丈なハードケースで来られるのでは、どちらが安心できますか?
お客様を不安にさせないためにも、しっかりとしたケースに入れて持ち運ぶのがおすすめです。

これだけおすすめするだけあって、弊社でも多数愛用しています。一度GPCケースを使うと他のケースでは物足りなくなるかも!?

SkyLink Japanは正規代理店としてGPCの商品を扱っていますので、是非チェックしてみてくださいね。

Pocket
LINEで送る