DJI Phantom 3(Pro, Adv)ファームウェアアップデート方法

ドローン入門
Pocket
LINEで送る

[注意点]

– バッテリーの充電が満タンの状態で行う。(半分以下でアップデートを行うと故障することがあります)

– 送信機、機体と両方のアップデートがある場合は、機体のアップデートを先に行う。(送信機を先にアップデートすると不具合が起こることがあります)

途中で電源や接続を切らない。

– 水平で安定した場所に置いて行う。途中で機体を動かさない

ジンバルロックが外れている状態で行なう。

– バッテリーアップデートがある場合は全てのバッテリーでアップデートを行なう。

 

機体のアップデート


 

1. 以下のURLからお使いの機種の最新ファームウェアのZipファイルをダウンロードします。
https://shop.skylinkjapan.com/user_data/dl_all.php

 

2. ダウンロードしたZipファイルを解凍し、中に入っているbinファイルをmicroSDの一番上の階層に入れます。(下記の画像のような状態になればOK)
スクリーンショット 2016-06-17 12.02.39

 

3. microSDをカメラ部分に挿入し、ジンバルロックが外れていることを確認し、機体の電源をONにすると自動的にアップデートが始まります。

Phantom 3 ジンバルロック

Phantom 3 ジンバルロック

4. ピッピッピッピッという音(アップデート中の音)がピーーピピに変わったらアップデート完了ですので機体の電源をOFFにします。
(アップデート時間は個体差があります[約5~15分])

 
 

バッテリーアップデート


バッテリーアップデートの方法は、機体のアップデートと同じです。
最新ファームウェアがmicroSDに入っている状態で、電源を入れ、その時刺さっているバッテリーのファームが古ければ、アップデートが行われます。

1. ファームウェアをmicroSDに入れる(機体アップデートと同じもので、そのまま続けて利用可能)

2. アップデートしたいバッテリーを装填して電源をいれる。

3. ピッピッピッピッという音(アップデート中の音)がピーーピピに変わったらアップデート完了ですので電源をOFFにします。

(アップデート時間は個体差があります[約1~5分])
 
 

送信機アップデート


送信機のアップデートは、DJI GOを使って行います。
ファームウェアは必要ありません。

1. 送信機をデバイスとUSB接続し、DJI GOを起動しカメラビューに入ります。

2. 機体ステータス一覧のセルフテストモジュールから送信機アップデートを行います。

p4-update-05

3. アップデートが完了したら再起動して完了です。

※アップデートが完了しているか確認する場合は、DJI GOのカメラビューから、設定 > 一般 > About から現在のファームウェアのバージョンを確認することができます。

Pocket
LINEで送る