DJIアプリ対応機種は一体どれ?

DJIアプリ対応機種は一体どれ? ドローン入門
Pocket
LINEで送る

皆さんこんにちは。SkyLink Japan 営業部の永岡です。

気がつけば9月ももうすぐ終わり。SkyLink本社のある京都は少し肌寒くなってきました。

早速ですが今回はお客様からのお問い合わせが多い、「DJIアプリの対応機種」について徹底解説!

既にDJI製品をお手持ちの方はご存知でしょう。DJI製品はスマホやタブレットがないと使えません。

それもメーカーが推奨しているスマホ/タブレットじゃないと専用アプリの動作保証ができないのです。

せっかくドローンやジンバルカメラを買っても、自分のスマホでは使えなかった・・・なんてことにならないよう、自分の持っているスマホ/タブレットがメーカー推奨の端末かどうか必ず確認しておきましょう。

まずは、どのアプリを使うのか確認!

DJIのドローンやジンバルは種類によって使うアプリが異なります。
またアプリによっても使えるスマホやタブレットは異なるので、どのアプリを使うのか確認しましょう。

DJI製品一覧インストールするアプリ
Mavic Air 2 / Mavic MiniDJI Fly
Mavic 2 / Mavic Air / Mavic Pro / Spark / Phantom 4 Pro V2.0 / Phantom 4 Pro / Phantom 4 Advanced / Phantom 4 / Inspire 2DJI GO4
Phantom 3 / Inspire 1 / 初代OsmoシリーズDJI GO
DJI OM 4 / Osmo Mobile 3 / Osmo Pocket / Osmo ActionDJI Mimo
RoninシリーズDJI Ronin
Ryze Tech TelloTello アプリ

各アプリの推奨端末はどれ?

自分の持っているスマホ/タブレットがメーカー推奨かどうか、以下リンクから確認しましょう。

SkyLink Japan 公式オンラインストア – アプリ / 対応デバイス一覧 ※随時更新

お気づきでしょうか。Androidスマホはごくわずかの端末しか対応していません・・・

Androidは種類が多いため、メーカーが一つ一つ動作確認をするのにも限りがあるようです。
今後も開発が進むにつれAndroid端末は随時追加されていく予定です。

Appストアに記載されているリストは?

よく間違えられるのが、アプリストアでの表記。

DJI GO4 Appストアページ参照

実はこれ、あくまでこのアプリがインストールできる端末一覧であって、機体使用時のメーカー推奨の端末一覧ではないのです。(驚愕)

ですが「Tello アプリ」だけはAppストアが最新の情報となっているそう・・・

Tello アプリのiOS推奨端末一覧はこちら
Tello アプリのAndroid推奨端末一覧はこちら

推奨端末以外は全く使えないの?

これもよくご質問いただいています。

結論、必ずしもメーカー推奨端末でないと使えない訳ではありません。

ですがこの線引も非常に曖昧です。まずは以下の項目をチェックしてみましょう。

  • そもそもアプリがインストールできない可能性があるので、まずはアプリをインストールしてみる。
  • 各アプリOSのバージョンを一定値以上に定めているため、OSのバージョンがそれ以上か確認する。(先にご紹介した対応デバイス一覧にOS〇〇以上必要と記述あり)
  • 極端に古い端末、スペックが低い端末は避けるべき。

これまでの事例から申し上げますと、以上の条件を満たしていればメーカー推奨端末以外でも使える可能性が高いです。

が、一部機能が使えない場合もあります。動作の保証はできませんので自己責任でご利用下さい。

不安な方は中古スマホを買うのもアリ

ドローン用モニターとして中古のスマホを購入するお客様、実はけっこういらっしゃいます。もしくは家族が使わなくなったものなど!

おすすめはやはりiPhoneかiPadです。Apple製品の操作に慣れていない方はAndroidでも問題ありませんが、今後DJIの新機種や他の製品も使いたいとお考えの方は、メーカー推奨端末として残る可能性の高い、新しめのiPhoneかiPadがおすすめです。


中古スマホやタブレットを使うにあたり、よくある質問を1つピックアップしました!

Q.アプリ使用中インターネットは繋がってなくていいのか?
A.ネット未接続でも使えます。ただし以下の機能が使えなくなります。

  • ドローン本体などの各種アップデート(自宅などにWi-Fi環境があればそこでダウンロード可能)
  • 地図の表示(Android端末の場合、飛行予定の周辺地図を事前にダウンロード可能。iOS端末は日本では現時点地図のダウンロード未対応)
  • SNSでのシェア

ドローンを飛行させる面ではインターネットへの接続は不要です!
ですが念の為、ポケットWi-Fiやテザリングは用意される事をおすすめします。
(SkyLinkでもドローン用タブレットはすべてWi-Fiモデルです!)

無料オンラインウェブセミナーではアプリの使い方まで解説!

SkyLinkが定期開催するオリジナルウェブセミナー「SkyLink College」でも、アプリの使い方を解説する「アプリマスター講習」がございます!

ドローンを初めてご利用になるお客様から、すでに現場で運用いただいているお客様まで、どなたでもご参加いただけます。
セミナーではリアルタイムの質疑応答を設け、お客様の疑問をその場で解決いたします。
SkyLinkの知識と技術で広く皆さまをサポートさせていただきますので、お気軽にご参加ください。

※次回以降の「アプリマスター講習」開催日時は現時点では未定です。

Pocket
LINEで送る