こんなにシンプル! 点群データを4DLinkでシェアしてみよう!!

こんなにシンプル! 点群データを4DLinkでシェアしてみよう!! データ活用ソフトウェア
Pocket
LINEで送る

皆さん、こんにちは。WorldLink & Company技術部です。

本社のある京都は、肌寒くなり、紅葉の見頃も過ぎて、冬支度が進んでいます。

今回は、11月に引き続き、4DLinkCloudについて紹介いたします。

4DLINKってなんだっけ・・・・・っという方や、初めての方はこちらを参照ください。

4DLINKにはいろんな機能がありますが、今回は、最大の特徴である「動かせる3Dモデルの共有」についてご紹介します。

「3Dモデルの共有」と聞くと、なんだか難しそうなイメージがあるかもしれませんが。4DLinkCloudがあると簡単に”共有“できちゃいます。

そう、キーワードは

“いつでも、どこでも、だれとでも!”

この図は、ドローンで撮影した写真から作成した3D点群モデルです。

このモデルの中に、写真を入れたり、その写真をズームして確認する事が出来ます。

また、その中に、点を打ち込んだり、ラインを記入したりして長さを表示させたり、メモを書き込んだりすることができます。

面積を計算して表示させたり、メモを記入する事が出来ます。

つまり、3Dモデルの閲覧・共有だけではなく、これら写真やメモ、ラインの長さや面積などの情報を4DLINKを通して、いろんな人と共有する事が可能です。

操作自体は非常に簡単で、以下の手順になります。

  1. 4DLinkCloudにログイン
  2. プロジェクトの作成とデータのアップロード
  3. 測地系・座標系の指定とタイル処理
  4. モデルの表示
  5. モデルの共有

詳しい事は以下のリンクに細かく書かれていますので、興味がある方はご覧ください。

デモデータもありますので、試していただけたら幸いです。

また、クイックスタートガイドチュートリアル動画もあるので、見て頂けたらその手軽さがわかるかと思います。

4DLinkCloudを用いることで、自分のデバイスだけでなく、SfMソフトがない相手先のデバイスでもブラウザを通して、キレイな3Dモデルを動かしながら、簡単に共有することができます。

お勤め先の上司や同僚、お客様との2D/3Dモデルの共有に、是非一度お試しいただけたらと思います。

現在、無償で試せるフリープランもご提供中です。

ご登録いただき、あなたの2D/3Dモデルの表示と共有、アーカイブのツールのお供に加えていただけたらと思います。

この他、気になることがあれば、是非一度、以下までお問い合わせください。

Pocket
LINEで送る